MUSIC (~2018)

 /

Blue = Dance Music

Green = Acoustic Music

Grey = Others

The Baroque - しゅーたん
00:00 / 00:00


Title : The Baroque

バロック風のメロディを使用したサイケデリックトランスです。

中二臭くてダサい感じのメロディーが好きなので、敢えてそれを取り入れました。

トランジェントを強調した、メリハリがあってダイナミクスを感じるマスタリングを意識しました。

ダンスミュージックは音圧高めがスタンダードなので、音圧とメリハリの両立にこだわりました。

倍音豊かで明るい音だけど超高音域を抑えたまろやかな音が好きで、低音も大好きなので、

このようなバランスのマスタリングにしました。

​自分の理想通りの音が作れて楽しかったです。

Bass Planet 73 - しゅーたん
00:00 / 00:00


Title : Bass Planet 73

体を揺らすサブベースが大好きという、それだけの理由で作ったトランスです。

たまには、海外のEDMやトランス並に音圧を上げようというスタンスで作ったので、

低音含め、全体的にガツンと来るトラックになっています。

Scheps 73というプリアンプ付きのEQや、Waves Vitaminというマルチバンド・エキサイターを使って、
倍音を付与する事によって、これでもかとベースを太く大きくしました。

オクターブバンド毎にかかる電力が均一なのがピンクノイズのバランスなので、
音楽的にはピンクノイズのバランスこそがフラットな状態ですが、低音大好きマンなので、

少しブラウンノイズよりのバランスに近づけて、低音を強調しました。

五反田セクシーダイナマイト - しゅーたん
00:00 / 00:00


Title : 五反田セクシーダイナマイト

オシャレで落ち着いていてエロいインスト曲です。

HoRNet ThirtyOneの素晴らしさを伝える為に作りました。
オートEQって本当に素晴らしいですね。
​特設ページは
こちら

Freedom Flying - しゅーたん
00:00 / 00:00


Title : Freedom Flying

キックの音にこだわった、明るいトランスです。

余韻が長めのキックのサンプルに、ゲートを掛けると調整しやすいという事に気づいたので、
キックにゲートとEQとリミッターを掛けて、存在感のあるキックを作りました。

ピンポンディレイとリバーブをセンドして、フィルターとEQで調整して、
ホールの残響感の様な、残響感のみを左右に広げる空間演出にもこだわりました。

劣情大陸 - しゅーたん
00:00 / 00:00


Title : 劣情大陸
ドキュメンタリー番組のオープニングで使われそうな、ラテン系の楽曲です。

アコーディオンが主役で、ピアノやエレピなど、鍵盤楽器が主体となっております。
半音進行を使ったり、スケールアウトした音を使ったり、ウォーキングベースを使ったりと、
​ジャジーな編曲にこだわりました。
ピアノのソロのあとに、同じリズムでドラムがソロを演奏したりなど、
自分が楽しいと感じるギミックを詰め込みました。

The Final Showdown - しゅーたん
00:00 / 00:00


Title : The Final Showdown

魔王との最終決戦をイメージした、プログレッシブなハードコアです。

シンセが主役ではなく、ストリングスが主役なので、オーケストラルな雰囲気がある楽曲に仕上がりました。

可変拍子や可変BPMやキックの連打や音数の多さなど、とにかく自分が好きな要素を詰め込みました。
"プログレッシブメタルの文法をダンスミュージックで再現するとこうなる"
と言った感じの、とにかく激しい楽曲となっております。

Omniverse - しゅーたん
00:00 / 00:00

 

Title : Omniverse

BPM155でPluck系のサウンドが中心のTranceです。​

宇宙をイメージした音作りを意識しました。

低音のシーケンスでドライブ感を強調したり、アタックを強調したシンセサウンドでリズミカルにしたり、リバーブを強めに掛けて空気感や世界観を作り上げるのが好きです。

Reincarnated - しゅーたん
00:00 / 00:00

 

Title : Reincarnated

ピアノとストリングスが特徴的な悲しさ溢れるトランスです。

電子音楽にアコースティックな音色を加えたり、ドッペルドミナントからのマイナーコードだったり、

表拍を強調したクラシカルなメロディーだったりと、自分らしさが強い楽曲に仕上がりました。

クラシカルな音楽が好きなので、現代的な音楽にもクラシカルな要素を加えたくなります。

Night of Desire - しゅーたん
00:00 / 00:00

 

Title : Night of Desire

​ロマン派のクラシック音楽を意識した、ピアノソロの楽曲です。

生演奏っぽい打ち込みや音作りにこだわりました。

中盤のコード進行が自分でも気に入っています。

Seaside Ridin' - しゅーたん
00:00 / 00:00

 

Title : Seaside Ridin'

海辺をドライブするイメージの明るいトランスです。

SuperSawの音色が大好きなので、それを活かす為に曲を作りました。
とにかく倚音が連発するメロディーラインになっています。
サビはカノン進行になっています。

倍音成分が豊かなトラックが好きなので、エキサイターで明るい音にするマスタリングにこだわりました。

© 2017 しゅーたん