• しゅーたん

ベースの作り方

最終更新: 6月14日

皆さん、おはこんばんにちは。

どうも、しゅーたんです。


今回はベースの作り方について解説したいと思います。


楽曲のリズムと低音を支える屋台骨として、キックの音色は重要ですが、ベースの音も楽曲を支える上で重要ですし、音階を奏でる楽器の中では一番低音を担当する事になるので、ベースの音作りはとても重要になってきます。

ダンスミュージックに限らず、低音を支える事が出来ない細くてペラッペラなベースが鳴ってしまうと、それだけで楽曲がグラグラと不安定になってしまいます。


では今回は、それ程までに重要なベースの音作りについてお話します。


今回は、動作がとても軽いSylenth1でシンセベースを作ってみたいと思います。


まず、プリセットのクリアを行ってから、Sine波を1音だけ鳴らすように設定すると、このような音になります。

SawWaveで鳴らすと倍音が豊富で派手な音になるのですが、地面を揺らすような太い低音が欲しいので、まずはSine波を元に音作りをしたいと思います。


このままでも倍音成分が一切無い純粋な低音として使えますが、Sine波系の地面と体を揺らす低音と、倍音成分が含まれた太くて音程を認識しやすい低音が欲しいので、ローパスフィルターをONにした状態でDriveのツマミをひねり、ドライブを掛けて波形を矩形波に近づける事により、倍音成分を付与します。

Warm DriveをONにする事により、さらに倍音成分が付与されます。

そして、音の終わりのプチプチとしたノイズを消す為に、アンプエンベローブのリリースを若干長くします。

すると、このような音が出来上がります。



このままでも充分に太くてずっしりした音ですが、

このように、オクターブ上でステレオに広げた音をうっすら鳴らす事により、さらに倍音成分を強調したかのような音になり、その上ステレオ感もプラスされます。

すると、このような音が出来上がりました。



かなり豊かな低音になりましたが、今回はここからさらにエキサイターを掛ける事により、さらに倍音成分を付与し音を太くし、すべてを揺らしてしまいそうな低音を目指します。

先程の音にエキサイターを掛けると、このような音になりました。



Sine波を元にベースの音作りをすると、地面を揺らすような太い音が出来るというメリットがありますが、太さよりも派手さが欲しい場合は、SawWaveを主体としてベース音を作ると明るく派手な音になります。

先程作ったベース音の設定をもとに、このようなパラメーター設定にすると、サイケデリックトランスで使えそうな、明るく派手なベース音になります。

このようなベース音になりました。



では、今回紹介したベースの音作りの要点についてまとめたいと思います。


・Sine系だと太く、Saw系だと派手になる。

・ドライブを掛けると、倍音成分が付与されて太く豊かな音になる。

・オクターブ上に音を重ねると、音階を認識しやすくなる。

・エキサイターを掛けると、さらにヤバイ事に。


これらの事を意識しつつ、ベースの音作りをしてみるのはいかがでしょうか?

46回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピンクノイズに関する考え事

皆さん、おはこんにちばんわ。しゅーたんです。 ピンクノイズに関する考え事をしていたのですが、 Twitterで書こうとするとツイートが沢山連なる事になりそうだったので、 こちらのブログに書きたいと思います。 最近はオートEQが流行りのプラグインで、 ・HoRNet ThirtyOne ・frei:raum ・Gullfoss などのプラグインが有名だと思われます。 上記プラグインの中の、HoRNe

​©2017-2020 Shootan